外反母趾に対するテーピング

こんにちは、板橋区第二わしざわ整形外科の坂井です。

今回は外反母趾の症状を緩和するテーピングについてご紹介したいと思います。外反母趾には、個人個人の症状や足部の形状に合った対応が必要となりますが、今回は一般的なテーピングを紹介します。

①縦サポート(赤)

gaihan01

縦のサポートテープを親指の横から足の中央まで、親指が内側に反るように引きながら張ります。

②Xサポート(青)

gaihan02

サポートしたい突出部で交差するようにXサポートテープを張り、効果を高めます。

③横アーチのサポート(黄)

gaihan03

親指と小指の付け根を中央へ押し込むように足の裏へ向かってテープを引きながら巻きます。

④取れないようにするテープ(無着色)

gaihan04

Xサポートの両端を固定します。

外反母趾は変形なので、一度症状が進んでしまうと完治は難しいですが、痛みが出ないよう進行を遅らせ症状を和らげることは可能です。このテーピングはあくまで対処の一例です。今、外反母趾でお悩みの方、痛みが出て困っている方は、医療機関の受診をおすすめします。

板橋区の整形外科 第二わしざわ整形外科