月別アーカイブ: 2018年9月

膝の痛みをトレーニングで予防しよう!⓶

こんにちは、板橋区 第二わしざわ整形外科 理学療法士の渡邉です。

前回はジャンパー膝に対する殿部のトレーニングをご紹介しました。

みなさん、うまくできたでしょうか??

前回は横向きに寝た状態でトレーニングを行いましたが、日常生活やスポーツ動作では立った状態でも股関節がうまく使える必要があります。

そこで今回は立位で行うトレーニングをご紹介します。

【スクワット】
⓵肩幅程度に足を広げ、膝とつま先の向きが同じになるように立ちます。
IMG_4332
⓶おしりを後ろに引くように膝を曲げていきます。
IMG_4333    IMG_4335
10回を3~5セット行います

※膝が前に出すぎたり、内側に入らないように気を付けましょう。
図2    図1

鏡の前で姿勢を確認しながらやってみるとより効果的です!

少しづつでもいいのでコツコツとやってみましょう!

ご相談があれば、お気軽にご来院下さい。
第二わしざわ整形外科
板橋区 第二わしざわ整形外科
理学療法士 渡邉 和也

 

 

膝の痛みをトレーニングで予防しよう!

こんにちは、板橋区 第二わしざわ整形外科 理学療法士の渡邉です。

今回はバレーボールやバスケットボール選手など、ジャンプ動作を頻繁に行うスポーツにおいて起きやすい「ジャンパー膝」という膝前面の痛みに対するトレーニングをご紹介します。

膝の痛みはジャンプ動作の有無に関わらず、多くのスポーツ選手に起こる可能性があります。また、スポーツを行っていない人も多く経験する症状です。

スポーツの動作において股関節の動きの硬さや筋肉の弱さがあると、膝にかかる負担が大きくなります。

当院でも膝の痛みを抱える選手は多く、やはり股関節がうまく使えない選手は多いです。

そのため今回はジャンパー膝の予防のための股関節のトレーニングをご紹介します。

【殿部のトレーニング】
⓵軽く両膝を曲げた状態で横向きに寝ます
IMG_4325
⓶両方のかかとはつけたまま、上の膝を外へ開きます
図1OK
※この時、体が一緒に回らないように注意しましょう!
図1だめ
10回を3~5セット行います

少しづつでもいいのでコツコツとやってみましょう!

ご相談があれば、お気軽にご来院下さい。
第二わしざわ整形外科
板橋区 第二わしざわ整形外科
理学療法士 渡邉 和也