テーピングの世界」カテゴリーアーカイブ

肉離れのテーピング

こんにちは。第二わしざわ整形外科、柔道整復師の関です。

 

今回はスポーツでよく起きる肉離れについてお話ししたいと思います。

肉離れとはその名前の通り、筋肉が引っ張られることで引き裂かれてしまうようなケガです。

板橋区 第二わしざわ整形外科でもスポーツをしている方に多いです。

症状としてはストレッチ痛、力を入れたときの痛み、患部を押しての痛みが挙げられます。

 

重症例になると内出血や場合によっては凹みを触れることができます。

処置としては筋肉が離れて出血なども伴っているので、患部を圧迫してそれを止めたり、寄せてあげることで離れにくくしていきます。

 

では、テープの貼り方についてお話していきます。

今回は左ふくらはぎを例にしていきます(×印を患部とします)

貼る姿勢はうつ伏せとなり、膝を曲げ、つま先は下げた状態(天井につま先を向けた状態)で行います。

患部よりも離れたところにテープが剥がれにくくするためにアンカーというテープを貼ります。(黒いテープ)

IMG_4134

そのアンカーに圧迫用のテープを貼り、左()⇒右()へとテープを引っ張りながら斜め上に向かって貼っていきます。(青いテープ)それを反対側からも行います。(ピンクのテープ)

IMG_4135

このテープを半分ずつ重ねながら上まで貼っていきます。

IMG_4137

さらに圧迫を加えたいときは水平方向に左()⇒右()へと左右交互に貼ったりします。

最後はテープが端から剥がれないようにアンカーテープ上のテープの端を止めて終わりです。

前回のブログでもご紹介したように、板橋区 第2わしざわ整形外科では超音波を使った診察も行っています。

患部を確認し、重症と判断された場合には足首を添え木(シーネ)などで固定しなければならない時もありますので、ケガをしたときはしっかりと医療機関を受診しましょう。

膝のお皿の痛みとテーピング その2

こんにちは、板橋区 第二わしざわ整形外科の坂井です。

前回に引き続き、膝のお皿の痛みを抑えるテーピングをご紹介します。とても簡単なので覚えておくと便利です。

それではやり方です。

①膝を伸ばして座ります。

②膝のお皿の少し外側にテープを貼り付けます。

hizatape01

③膝のお皿を外から内側に押しながらテープを貼ります。

hizatape02

hizatape03

※膝のお皿は力を抜いて膝を伸ばした状態だと動くので、それを判断の基準として見つけてください。

いかがでしたか? 今までのテープと比べると簡単だと思いますが、効果は高いです。

この膝のお皿の痛みは、日常生活では階段の下りや、じっと座っていて立ち上がった時に痛みが出やすいことが特徴です。もし心当たりがあるようでしたら、試してみてください。

痛みが改善しない場合は、早めに診察を受けてさいね!

板橋区の整形外科 第二わしざわ整形外科

膝のお皿の痛みとテーピング その1

こんにちは、板橋区 第二わしざわ整形外科の坂井です。

今回も膝の痛みのお話です。膝の痛みは、大きく2つの痛みに分けることが出来ます。

①いわゆる膝の関節(脛骨大腿関節/けいこつだいたいかんせつ)の隙間の痛み

②膝のお皿周り(膝蓋大腿関節/しつがいだいたいかんせつ)の痛み

今回はその中でも症状の多い、膝のお皿の内側の痛みについてお話ししたいと思います。これは板橋区 第二わしざわ整形外科でも患者様の多い症状です。

まずは筋肉とお皿の動きとの関係についてみていきましょう。

膝を伸ばす筋肉には、大腿四頭筋(だいたいしとうきん)が太ももの前にあり、それがお皿についています。

さらにその中でも内側と外側に分かれており、それらが上手くバランスを取ることで、お皿が真っ直ぐ動くようにしています。

しかし、痛みがある方は外側が硬く、内側の筋肉が弱いことが多く、そのバランスが崩れてしまいます。それにより、お皿を外側に引っ張りながら上下に動くので、それが痛みとなって現われてしまうというわけです。

次回はこのバランスの崩れた動きを抑えるテープをご紹介します。
板橋区の整形外科 第二わしざわ整形外科

 

外反母趾に対するテーピング

こんにちは、板橋区第二わしざわ整形外科の坂井です。

今回は外反母趾の症状を緩和するテーピングについてご紹介したいと思います。外反母趾には、個人個人の症状や足部の形状に合った対応が必要となりますが、今回は一般的なテーピングを紹介します。

①縦サポート(赤)

gaihan01

縦のサポートテープを親指の横から足の中央まで、親指が内側に反るように引きながら張ります。

②Xサポート(青)

gaihan02

サポートしたい突出部で交差するようにXサポートテープを張り、効果を高めます。

③横アーチのサポート(黄)

gaihan03

親指と小指の付け根を中央へ押し込むように足の裏へ向かってテープを引きながら巻きます。

④取れないようにするテープ(無着色)

gaihan04

Xサポートの両端を固定します。

外反母趾は変形なので、一度症状が進んでしまうと完治は難しいですが、痛みが出ないよう進行を遅らせ症状を和らげることは可能です。このテーピングはあくまで対処の一例です。今、外反母趾でお悩みの方、痛みが出て困っている方は、医療機関の受診をおすすめします。

板橋区の整形外科 第二わしざわ整形外科

 

扁平足(へんぺいそく)のテーピング

こんにちは、板橋区 第二わしざわ整形外科の坂井です。

前回に引き続き、扁平足(へんぺいそく)について書かせていただきます。

扁平足で痛みや疲れなどが出てしまった場合、いくつか症状を改善する方法があります。そのひとつがテーピングです。崩れてしまった足裏のアーチを、テーピングで補強してあげるようなイメージです。

へん平足テープ

テーピングの方法としては、まず最初に、指で内くるぶしの下端を触ってから斜め下前方に移動させ「舟状骨(しゅうじょうこつ)」という骨の出っ張り(左図○のところ)を確認します。

次にテーピングを10 cm程度にカットしたものを2本用意しましょう。(写真では、非伸縮テープ19 mmを使用しています。)

先ほど確認した舟状骨の少し下から貼り、舟状骨を下から押し上げるように反対側まで思い切り引っ張って貼ります。さらにその上からもう1本を同じように重ねて貼って終了です。

また、テーピングに加えて、専用のインソールを靴に入れることで、症状の改善が見込めます。板橋区 第二わしざわ整形外科では、治療用のインソールを作ることもできますので、もし足の不調にお悩みの方がいたら、お気軽にご相談ください。

注意として、テーピング後にかゆみやかぶれなどが出る、痛みを強く感じる場合は直ちに中止してください。また、このテーピングは一例ですので、これをご自身でやってみて症状が改善しない方は、必ず受診をお願いします!

リハビリでは、テーピングも含めてストレッチ、エクササイズ、動作の確認など一人一人にあったものを提供いたします!

 

板橋区の整形外科 第二わしざわ整形外科

扁平足(へんぺいそく)って何?

へん平足

こんにちは、板橋区 第二わしざわ整形外科の坂井です。

みなさんは、扁平足(へんぺいそく)ってご存知でしょうか?

人の足の裏(足底)は、骨や靱帯(じんたい)、筋肉によってアーチ構造を形成しています。この足のアーチには、接地時の衝撃を吸収するという大切な働きがあります。

このアーチの異常の1つに、アーチが崩れて、足裏の凹んでいる部分=土踏まずが減り、足底全体が平らな状態になってしまうという症状があります。これを一般的に「扁平足」と言うのです。(病名ではありません。)

扁平足になってしまうと、接地の衝撃を吸収できないので、足に痛みや疲労感が出ることがあります。また、腰や骨盤、脚全体にも痛みを起こすこともあるんです。

この扁平足は生まれつきではありません。足に合っていない靴、例えば、ぴったりフィットしておらず、靴のサイド側に余裕がありすぎたりするような靴を履いていると、発症する可能性があります。また、加齢による筋力の低下でおこる場合もあるようです。

板橋区 第二わしざわ整形外科の患者様でも足の痛みの原因がこの扁平足から来ているという方も結構いらっしゃいます。

この扁平足の症状を改善するための方法はまた次のブログで!

 

板橋区の整形外科 第二わしざわ整形外科

踵(かかと)の痛みに対してのテーピング

今回は実践テーピング講座「踵(かかと)」編です。

実は踵ってとても大切な部分なんです!踵には脂肪体といって踵への衝撃を吸収するしくみがあります。

この部分が剣道の踏み込みなどのスポーツにおける繰り返しの衝撃や、加齢にともなう弾力性低下による緩衝作用の低下などにより、簡単に痛みが出てしまうことがあるんです。

なれない靴やクッション性のない靴を履いたり、長時間の歩行などにより突然発症することもあって、一度症状が出てしまうと治りにくいため、テーピングなどで痛みを緩和する必要が出てきてしまいます。

板橋区 第二わしざわ整形外科でも、踵の痛みで通院される患者様が多くいらっしゃいます。

では、テーピングのやり方です。

kakato

①内、外くるぶしにかからないようにアンカーテープ(※)を貼る

※アンカーテープ:テープの始まりと終わりを決めるテープで、メインのテープを覆うことで剥がれにくくする効果もあります。

②踵の足裏側に脂肪体を寄せるように圧迫しながらサポートテープ(※)を貼る。

この時、痛みの部位が踵の内側か、外側かがはっきりとわかるのであれば内側の場合は外から内へ外側に痛みがあればその逆側から貼り始め痛みのある部分に特に脂肪体を寄せていきます。

※サポートテープ:踵の脂肪を寄せるテープのこと。

③サポートテープを縦横交互に半分ほど重ねるように繰り返し踵を覆う(図の①は縦、②は横)

④踵の先端にサポートテープを貼る

このテーピング以外にも、踵痛への対処法は、専用のインソールをつくったりするなど色々とあります。

踵の痛みにお悩みの方は、是非一度ご相談くださいね!

 

板橋区の整形外科 第二わしざわ整形外科

 

プロが教えるテーピング 足首の捻挫編

こんにちは。今回は「プロが教えるテーピング」シリーズということで、スポーツの現場などで覚えておくと役に立つテーピング技術をご紹介したいと思います。

第1回目は、ケガの中で最も多いといっても過言ではない「足首の捻挫」のテーピングについて取り上げたいと思います。

足首の構造上、つま先が下がって内側に捻ることが多く、その際には外くるぶしと足首の骨をつなぐ前距腓靭帯(ぜんきょひじんたい)という靭帯を傷めてしまいます。

テーピングではその靭帯の保護、つまり足首を内側に捻らないように巻いていきます。

①スターアップ1

内くるぶしぐらいから踵を通って外くるぶしに向かって引っ張り上げていきます。

強く固定したい場合には少しずらして何枚か貼るといいでしょう。

 

②ヒールロック

2

内(外)くるぶしぐらいから踵の外(内)側を斜めに通るようにし、そこからテーピングの進む方向に逆らわずに貼っていき、足の甲の上ぐらいで切ります。

これを逆側も同じように貼ってください。

 

③フィギュアエイト

3

外くるぶしの少し上ぐらいから足首の前を通り、土踏まずをめがけて貼っていきます。

その後、足裏を横断し、小指側から内くるぶしに向かって引っ張り上げていきます。

フィギュアエイトは包帯(バンテージ)でも巻くことが出来るため、非常に便利です。応急処置として覚えておいても良いでしょう。

他にもテープの始めと終わりを示すアンカーや、よりテープを密着させるためのホースシューなどの方法がありますが、大体は上にあげた3つで固定されます。

ケガは最初の対応が一番大切です。

しっかり覚えて悪化しないようにしていきましょう。

 

板橋の整形外科 第二わしざわ整形外科

あなたの知らないテーピングの世界 その3

「あなたの知らないテーピングの世界」 第3回は「テーピングの種類」についてお話したいと思います。

実はテーピングに使うテープには、大きく分けて2種類あります。

①非伸縮テープ ②伸縮テープ です。

①非伸縮テープ

主に関節を固定するときに使うテープで、伸縮性がなく、強力な固定力を得ることができるテープです。様々なテープ幅があり、部位によってそれらを使い分けると効果的です。

例えば12mmのテープは手足の指に、50mmのテープは膝・腰・肩などの固定に使います。

この非伸縮テープは、スポーツなど競技直前に使うと効果的で、病院では余り使わないテープです。

②伸縮テープ

こちらのテープには様々な素材があります。代表的なものに「キネシオテーピング」があります。綿素材でできていて、水分が蒸発しやすく、むれにくい、乾きやすく、通気性がよいなどの利点があります。

非伸縮テープに比べると、固定力は落ちますが、適度にテープが伸び縮みすることで、関節の可動性が大きい部位の固定をはじめ、様々な場面に応用がきくため、整形外科ではとても重宝するテープです。

次回からは、プロが教えるテーピング技術を紹介していきたいと思います。

あなたの知らないテーピングの世界 その2

「あなたの知らないテーピングの世界」 第2回は「テーピングの効果」についてお話したいと思います。

整形外科での治療や、スポーツの現場で行われるテーピング。では、それにはどんな効果があるのでしょうか?

まず1つは「可動域の制限」です。

捻挫、靭帯損傷、脱臼などは、関節が正常な可動範囲を超えて動いてしまった結果起こるケガなんですね。

このような障害を防止するためには、あらかじめテーピングによって、関節や筋肉の可動域を制限しておくことが効果的なんです。

つまり、「ケガの予防」のためのテーピングです。

そして2つ目は「障害部位の補強」です。

これはケガをしてしまった関節、筋肉、靭帯、腱などにテーピングをすることで、その部位を補強してあげるということです。患部を圧迫、固定して、その部分へのストレスを軽減することができるんですね。

つまり「ケガの再発防止」のためのテーピングになります。

そして3つ目は「心理的安心感」になります。

意外に思うかもしれませんが、実はこの心理的な効果もテーピングの重要な役割なんです。ケガをした部位を補強して保護してあげることで、ケガに対する不安を軽減してあげるんですね。

これによって、スポーツで安心してプレーに集中することができるんです。

パッと見ですと、全部同じに見えるかもしれませんが、こんな感じで色々と使い分けています!

 

板橋の整形外科 第二わしざわ整形外科