テーピングの世界」カテゴリーアーカイブ

あなたの知らないテーピングの世界 その1

taping

整形外科で行われる処置のひとつにテーピングがあります。

このテーピングがどんな目的で使用されているか、みなさんご存じですか?

実はテーピングにも色々と種類や目的が異なるものがあり、症状によってそれぞれ使い分けているんです。

まず、テーピングの目的ですが、これには大きく分けて2つあります。

1つ目は「ケガの予防」です。

どんなに気をつけていても、スポーツでケガをしてしまうことはあります。それをできるだけ防ぐために、テーピングを行います。

スポーツの種類によって、ケガの起こりやすい部位が異なります。それを予測し、あらかじめテーピングで補強することで、ケガの予防をするんですね!

そしてもう1つは、「ケガの再発防止」です。

一度ケガをしたところは、再発しやすくなる傾向があります。テーピングをすることで、そこを補強し、保護します。

これによってケガの再発を防止できるわけです。

こんな感じで、実は奥が深いテーピング。これからブログでテーピングのお話をしていきたいと思います。

板橋の整形外科 第二わしざわ整形外科