ハムストリングスのストレッチ

こんにちは、こんにちは、板橋区 第二わしざわ整形外科の秋谷です。

今回はハムストリングスという、ももの裏にある筋肉のストレッチを紹介します。

この筋肉は坐骨結節(ざこつけっせつ)から脛骨(けいこ)に着く筋肉で、膝を曲げる作用を持っています。

humstring

この筋肉が硬くなってしまうことで膝が十分に伸びなくなってしまい、膝関節の正常な運動を妨げてしまいます。

それではストレッチのやり方です。

humstre

①仰向けの状態で太ももの後ろ側を抱えます。

②そこから膝を伸ばします。

③痛みがなく動きが止まるところで、ストレッチを行います。

④15秒~20秒程度を35回 一日に数回行う

痛みが出ない範囲で行ってください。痛みが強くなったり、他の症状が出てしまうようなら中止してください。

板橋区の整形外科 第二わしざわ整形外科

「変形性膝関節症」の症状を和らげるトレーニング

こんにちは、板橋区 第二わしざわ整形外科の坂井です。

前回ご紹介した「変形性膝関節症」。今回はこの「変形性膝関節症」の変形の進行を抑える筋力トレーニングをご紹介します。

バスタオル1枚で行えて、場所もとらないどこでもできるトレーニングなので、是非試してみてくださいね!

【膝タオル潰し運動】

OAtra

①バスタオルを準備し、丸めて膝の下に敷く。

②タオルを潰すように太ももの前に力が入っているか確認しながら膝を伸ばしていく。

この時に、伸ばしている脚の踵(かかと)とお尻が浮き上がらないように注意する。

③潰したところで3秒カウントし、その後、力を抜く。

④これを20回×3~5セット行う。

このトレーニングは対処の一例です。膝の痛みに悩んでいる方は、まずは一度来院していただき、診察を受けてくださいね。

 

板橋区の整形外科 第二わしざわ整形外科

ひざの痛みの代表格「変形性膝関節症」

590309

ひざの痛みは、整形外科に関わる症状の中でも、40代以上の男女、6割以上が発症していると発表される程、非常に多くの方が悩んでいる症状です。ひざのお皿の周りや、ひざの内側に痛みがあるという方は、是非ご一読ください。

ひざの痛みの代表格と言えるのが「変形性膝関節症」です。

◇変形性膝関節症とは◇

・加齢、筋力低下、肥満などが原因で膝の機能が低下し、変形が起こる。

・軟骨や半月板などを傷めることも多い。

・「歩き始めの痛み」や、「階段での痛み」、「長時間の歩行後の痛み」が特徴。

・進行すると手術の適応となる。

実際、症状が進行すると、手術が必要となりますが「手術はしたくない!」と訴える患者様は少なくありません。それは当然のことだと思います。そこで、筋力トレーニングやストレッチ・マッサージなどのリハビリをすることで、痛みを軽減することが可能です。

変形の進行を抑えるために、リハビリを行うことはとてもいいことなんです。ということで、次回は、ひざの痛みをやわらげるための、自宅で簡単に行える筋力トレーニングを紹介します!

 

板橋区の整形外科 第二わしざわ整形外科

外部講師を招いての講習会

kousyu

こんにちは、板橋区 第二わしざわ整形外科の秋谷です。

先日、岐阜県にある「さとう整形外科」の赤羽根良和先生を招いての講習会を行いました。

今年で5回目になりますが、今回は膝関節に対する治療をテーマに行って頂きました。過去には腰、首、肩、足関節を行ってきました。

赤羽根先生は整形外科リハビリテーション学会の理事を務めており、「肩関節拘縮の評価と運動療法」の筆者でもあります。(※ちなみに肩関節拘縮とは、一般的に五十肩と呼ばれるような症状です。)

今回は膝関節の基本的な技術である触診や解剖学・運動学の基づいた治療について講義していただきました。

膝関節の変形や痛みは、板橋区 第二わしざわ整形外科に来院される患者様の中でも、お悩みの方が多い症状の一つです。

今回得たことを今後の治療に活かせるよう努力していきたいと思います。

板橋区の整形外科 第二わしざわ整形外科

肩のインナーマッスルを鍛えるトレーニング その5

こんにちは、板橋区 第二わしざわ整形外科の坂井です。

今回は、肩のインナーマッスルを鍛えるトレーニング その5ということで、このシリーズ最後となります。

ご紹介するのは、小円筋(しょうえんきん)のトレーニングです。小円筋は、肩の後ろ側の下の方についている筋肉です。

トレーニング方法

syouenkin

①肩を前方へ90°、肘を90°曲げた姿勢でチューブをつかみ、外側へ引っ張ります。

②最大20回程度を2~3セットゆっくり行いましょう。

 

板橋区の整形外科 第二わしざわ整形外科

外反母趾に対するテーピング

こんにちは、板橋区第二わしざわ整形外科の坂井です。

今回は外反母趾の症状を緩和するテーピングについてご紹介したいと思います。外反母趾には、個人個人の症状や足部の形状に合った対応が必要となりますが、今回は一般的なテーピングを紹介します。

①縦サポート(赤)

gaihan01

縦のサポートテープを親指の横から足の中央まで、親指が内側に反るように引きながら張ります。

②Xサポート(青)

gaihan02

サポートしたい突出部で交差するようにXサポートテープを張り、効果を高めます。

③横アーチのサポート(黄)

gaihan03

親指と小指の付け根を中央へ押し込むように足の裏へ向かってテープを引きながら巻きます。

④取れないようにするテープ(無着色)

gaihan04

Xサポートの両端を固定します。

外反母趾は変形なので、一度症状が進んでしまうと完治は難しいですが、痛みが出ないよう進行を遅らせ症状を和らげることは可能です。このテーピングはあくまで対処の一例です。今、外反母趾でお悩みの方、痛みが出て困っている方は、医療機関の受診をおすすめします。

板橋区の整形外科 第二わしざわ整形外科

 

整形外科に関わる症状「外反母趾」とは?

452712

こんにちは、板橋区 第二わしざわ整形外科の坂井です。

外反母趾とは、“足の親指先が外に向いていて付け根が内に向いた変形”のことを言います。

これにより足の親指の骨が内側に飛び出しているように見えるのです。

実際には外反母趾でも症状の無い場合が多く、変形自体が問題というよりも、変形によって“痛み”が出ることが問題となります。

外反母趾は圧倒的に女性に多く、先天的なケースもありますが、ヒールなどのつま先の狭い靴や歩き方などが負担をかける要因となることが多いのです。

親指の付け根の突出部が靴にあたり刺激を受け、皮膚の下で炎症を起こし、腫れや赤み、痛みなどの症状を起こしてしまうこともあります。また、突出部には親指へ行く感覚をつかさどる神経が通っているため、炎症症状によって神経が圧迫され、親指のしびれが生じることもあります。

また、外反母趾の症例では、偏平足や足部の横アーチの低下も杯初するケースがよく見られます。

次回は、この外反母趾の症状を和らげるテーピングについて、ご紹介したいと思います。

 

板橋区の整形外科 第二わしざわ整形外科

肩のインナーマッスルを鍛えるトレーニング その4

 

こんにちは、板橋区 第二わしざわ整形外科の坂井です。

今回は、久しぶりに肩のインナーマッスルを鍛えるトレーニングのご紹介です。

(以前にご紹介したトレーニングはこちら→その1その2その3

肩甲下筋(けんこうかきん)のトレーニングです。肩甲下筋は、肩甲骨の前側に張り付いていて、上腕の回旋にかかわる筋肉です。

トレーニング方法

①肘を90°に曲げた姿勢でチューブの端をつかみ、内側へ引っ張ります。

②最大20回程度を2~3セットゆっくり行いましょう。

kenkoukakin

板橋区の整形外科 第二わしざわ整形外科

 

交通事故 むち打ちの治療

こんにちは、板橋区 第二わしざわ整形外科の秋谷です。

前回に引き続き、むち打ちの治療についてご説明します。

muchiuchichiryou

むち打ちの急性期では炎症が強く生じているため、マッサージや運動はせず炎症を抑えるための安静を優先します。

しかし安静のために用いる頸椎(けいつい)カラーは長期に使用すると筋力低下を招いてしまうため、注意が必要になります。

急性期が過ぎたら柔道整復師や理学療法士による徒手的な治療や、必要に応じて首のインナーマッスルのトレーニングや電気治療を行っていきます。

むちちは人により症状・経過が異なるため、事故後は一度医師に相談して頂くことをお勧めします。外からは症状の重さが分かり辛く、治療に時間がかかる方もいらっしゃいます。

板橋区 第二わしざわ整形外科では、患者様と密にコミュニケーションを取りながら、治療を行っています。

板橋区の整形外科 第二わしざわ整形外科